オススメリンク

カレンダー

2014年12月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
電卓と家

postheadericon売上を伸ばす販売計画

世の中においてどんな事業を展開するにあたっても販売計画は重要になってきます。
需要予測をしないでただやみくもに営業をしていたのでは売り上げは伸びず、最悪の場合は赤字に陥ってしまう事もあります。
社員同士で常に情報共有をして需要予測をしながら販売計画を立てている会社は経営が安定している場合が多いです。
一言に販売計画や需要予測をすると言っても市場の状況を正確に把握をしていないと販売計画や需要予測を立てる事はできないです。

市場の状況を正確に把握するする為に重要な事は社員同士が情報共有をする事です。
社員一人一人が集めた情報を会議などの場で情報共有して、市場の状況を正確に把握する事で初めて販売計画や需要予測を立てる事ができます。
またコンサルタントなど第三者の意見も市場の状況を把握するにあたって有効な手段であると言えます。
その分野を専門に扱っているコンサルタントは常に市場の動向をチェックして最新の情報を持っていますので、時には社員が把握していない情報をたくさんもっている場合もあります。

コンサルタントの意見を鵜呑みにしてはいけないですが、社員が集めた情報と合わせて検討する事でより確実に市場の動向をつかむ事ができます。
市場の動向を正確に把握すれば、より確実な販売計画や需要予測を立てる事ができます。
社員同士が販売計画や需要予測などの情報共有をする事で社員全員が同じ方向で営業を進める事ができ、結果として大きな成果につながります。

パソコンで会議

postheadericon情報と捉え方

次に販売する商品の特徴や性能面を熟知し、精度の高い販売計画をする訳ですが、此処での需要予測や販売計画から、どれだけ作るか、仕入れるかの在庫管理にも関連し、資金にもリンクする会社運営をする上で重要なポイントでもあります。

顧客の購入意欲があっても、商品が無いと言う「機会損失」だけは是が非でも避けなければいけない事であり、逆に需要予測を誤り、大きく販売計画を下回り在庫や材料が過多となるのも資産運用に重要な障害を招きます。
幾年かの販売実績データから月毎の平均販売数を算出する事も可能となりますが、基礎データを常に直近を反映した数字を加えながら、更に季節変動等がある場合は、その季節に+-の係数を用いるなどして実勢に則した、精度の高い予測を会社内全員で情報共有出来る様にする事が求められます。
この様な各種データはけっして、実務担当者だけのものではありません、「データ」は視線を変えて、違った見解を産み出す為にも、情報共有を通じて多角的に物事をとらえる事が必要です。

ファイルチェック

postheadericon販売計画は全ての基礎

世の中には多種多様な商品が次々と販売され、我々の購買意欲を高めてくれます。
この様な商品を、各種資料や分析データの情報共有で、効率よいビジネスを目指して方策を検討します。

その基礎となるのが、販売計画であり、需要予測とともに必要不可欠な計画であり、営利を目的とする活動に大きく影響するものであります。
商品(何を)に対して、いつ(時期)、誰が(購買層)、何処で(用途場所)、なぜ(購入意図)、どの様に(用途)の5W1Hを基に、営業活動から得られた他社商品や、関連商品の売行き状況などの情報共有を綿密に重ね、信頼性の高い需要予測を作成する。

アーカイブ

カテゴリー